梅玉会新年会 (3)

1≪ 2≪ 3

フラメンコをお楽しみいただいたあとは、鳥取名誉会長からご祝辞をいただき、堀会長の乾杯の音頭。 いつもながらのお二人のお心のこもった激励をちょうだいしました。梅玉の挨拶のあと、お食事を 召し上がっていただきながら、皆さまのお席へ梅玉が伺い、ご歓談いただきました。
最後は松竹 安孫子専務よりお言葉をいただき、140人の大集合写真を撮影。
カメラのフレームに全員を収めるために少々てこずり、皆さまをお待たせしてしまいましたが、 笑って許していただき、スタッフ一同申し訳ないやら有難いやら。。。いつもながらお優しい 皆さま方に助けられています。
では、梅玉からのご挨拶を。

褒章1 褒章2


本日はこのようなプライベートな会に妃殿下(註1)、お成りいただきまして、本当に光栄なことです。
改めて、新年明けましておめでとうございます。
あっという間の一年、やっぱり60過ぎると1年たつのが本当に早いものでございます。ついこの間還暦、 誕生日はいたしませんでしたけれど…、だと思ったら、もうそれから約2年、今年はうちの弟の魁春が 元日が誕生日なものですから、この間、還暦になりました。本当に早いですねぇ。
去年1年もとても充実した日々を勤めさせていただきました。お正月から連続6ヶ月歌舞伎座に出演させて いただき、それから夏には久々に清里でゆり子先生、博先生とのコラボをさせていただき、秋には襲名 いたしました錦之助くんを連れて全国巡業をいたしまして、その途中でこのたびのこの栄誉のお知らせを いただきました。
まったく思いもよらないと申しますか、身に余ることで、ただただ有難くそのお知らせを受け取ったわけで ございます。
そのあとも、11月歌舞伎座、12月は京都へ行って、大好きな真山先生の「将軍江戸を去る」をやらせていただく ついでに、祇園,先斗町でも散々遊んでまいりましたし、本当に、そういう意味でも充実した一年でございました。
新年の歌舞伎座の舞台は、一番私が気に入っております、贔屓にしております…、後輩の中でも贔屓にして おります染五郎くんと「猩々」を踊らせていただき、また誰よりも数多く共演していると思う播磨屋と大蔵卿。 そして夜の部の助六では、皆さんご存知のとおり、同窓生…、同級生の堀越さんの助六で白酒売りをやらして いただき、ほんとに毎日毎日、楽しい舞台を勤めさしていただきました。本当に充実した1年でした。
今年1年もこれから、今年は何か旅が多くなりそうで、6月博多座、あと7月と9月は地方巡業、もしかすると10月は 名古屋の御園座ということで、ちょっと皆さんとお目にかかる機会は、去年よりは少なくなるかもしれないの ですけれども、なんか最近、もう本当に舞台に立つのが楽しくて、楽しくて仕様がない、こんなこと言ったら、 父はまだ、お前さんそんなこと言うの早いよって、たぶん言うと思いますけれども、もちろん、毎日毎日が 修行ですから、緊張して、苦しんで舞台を勤めなければいけないことは分かっているんですけれども、何かその、 仕事として、すごく楽しいんですね、いろんな役をやらしていただき、若い人とも共演さしてもらって、 また活力をもらったり、そういったような貴重な体験の日々でございます。
それから、最近後輩の人たちが、教えてほしいというふうに指導を請いにこられる機会が多くなりまして、 去年は松禄さんにもお教えしましたし、それから錦之助さんにもこの月の2月の「車引き」の桜丸をお教えし、 それから4月名古屋公演の染五郎君の「源太勘当」の源太とそれから「世話情」の与三郎をお教えすることになって おります。
そういう仕事も含めて、とても充実した日々を過ごさせていただいておりますのは、やはり普段応援してくださる 皆さまのご声援の賜物と思っております。

今年1年も健康に気をつけて、京都へは今年は行かれないと思うんですが、他の場所にもいろいろと楽しみも ございますし、お近くにお知り合いがいらっしゃいましたら、博多へも名古屋へもお尋ねくださいますよう、 またそういうところでも皆さまにお目にかかりますことを楽しみにいたしております。
今年1年も楽しんで、充実した日々を送りたいと思っております。本当に今日はありがとうございました。



註1;当日は、高円宮妃殿下にご臨席を賜りました。

1≪ 2≪ 3
TOP / よこがお / ひとりごと / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず