桜紀行 〜 梅玉ゆかりの花を訪ねる (1)

1 ≫2 ≫3

今年も花の季節がめぐってまいりました。
満開に咲き誇った桜の、その花吹雪のなかで父君をお見送りしたことが昨日のことように思い出されます。 早いもので、あれからもう、2年の月日が流れました。
東京に開花宣言がでてまもなくの3月末、梅玉ゆかりの花を訪ねてみました。


*** 早稲田大学 ***

入学式を目前に控え、オリエンテーリングが行われているキャンパスは、 休日だというのにたくさんの在校生や新入学の生徒でにぎわっています。 その脇をすり抜けて、14号館を目指します。
遅咲きのうこん桜は、六分咲きの染井吉野のとなりで、ようやく蕾を膨らませ始めたようです。
昨年11月20日、岡本町の庭から西早稲田にやってきた桜は、賑やかな学内にもう慣れたでしょうか。
可憐な八重の花は、透きとおったごく薄い萌黄。その花びらは学生街でこれから何を見、何を映すのでしょう。
うこん桜
碑文

1 ≫2 ≫3
TOP / よこがお / ひとりごと / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず