2007 第18回 清里フィールドバレエ


フィールドバレエ1 7月27日〜8月9日 清里萌木の村にて今年もフィールドバレエが開催されました。 梅玉は、第9回,10回「時雨西行」第16回「切支丹道成寺」に続いて4回目の参加となります。

7月30日のSプログラム第1回目は、関係者の願いも空しく土砂降りの雨で中止。これでまた雨男の名が 上がってしまうことになりました。。。
8月7日、第2回目の公演は当日の天気予報に反し、無事開催となりました。
主催者である萌木の村 舩木村長の開園の挨拶から始まりです。清里,萌木の村,そしてフィールド バレエへの思い,愛情がひしひしと伝わってくる、素晴らしいご挨拶でした。

第1部の「バレエコンサート」では、バレエの見どころを凝縮したような、クライマックスの連続。 「アルンダウン」「コリントのセージ」「ジゼル 第2幕」はフィールドバレエという舞台にとてもよく マッチした優雅で華麗なひととき。衣装も楽しめました。「海賊より グラン・パ・ト・ドゥ」は 目の覚めるようなダイナミックな舞台でした。

休憩を挟んで第2部が「時雨西行」。
江口の里で雨に逢い一夜の宿を求めた、その家の主人である遊女が実は普賢菩薩であった...という 夢か現か不思議な一夜の出来事が、バレエと日舞という異なる舞踊 そして 森の中の舞台という空間から 醸し出される幽玄と渾然となり、見ている側も異空間を漂っているような気分です。

こんな素敵な舞台に作り上げていただいた、今村・川口ご夫妻はじめシャンブルウェストのダンサーの 方々,そして萌木の村に、改めて感謝いたします。
フィールドバレエ2

chambreouest 今村・川口両先生の素敵な"お部屋"です
chambreouest 萌木の村の公式HPです   



TOP / よこがお / ひとりごと / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず