東京新聞社のご厚意により、2009/04/05 から同紙に連載しているコラムを公開いたします。




  相次ぐ大切な人の死

 博多座公演も後3日で楽日です。九州は冬も暖かいとつい思いがちですが、福岡の冬は結構寒くその寒さが美味しいものをもたらします。いつも2月の博多座は冬の味覚を楽しみに参りますので、そのことを今回の「言いたい放談」にと考えておりましたが、博多に来てから訃報が続き博多の味覚を心から楽しむことができませんでした。
 夏雄さん(十二世團十郎)のショックが覚める間もなく、私の後援会の名誉会長鳥取滋治郎氏が亡くなられたとの知らせを受けました。お歳は90になっておられましたが1月の芝居も昼夜御覧くださり、新しい歌舞伎座の観劇予定もたてられてお元気でしたので信じられない思いでおります。奥様が父の福助時代からのファンだったとのことで森英恵先生にご紹介いただいたのが30年近く前になります。それから私の出演月は勿論毎月の芝居を必ず御覧くださるようになり、すぐに奥様以上に芝居通になられました。ユーモアを交えてではありましたが、とても厳しい劇評を頂いたこともございます。しかしその評は適切なものでしたし、父亡き後は精神面でも支えて頂き、私にとってもう1人の父親のような存在でした。友人に続き大切な方を失い辛い月となりましたが、ご冥福をお祈りするとともに、新しい歌舞伎座で立派な舞台を務めることを誓いたいと思います。

2013/02/23(Sat)


次へ 1
前へ 1


TOP / ひとりごと / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / とぴっくす / らくがき

All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず




MOMO'S WEB DESIGN
mo_news Ver2.00