ひとりごと 〜 04/05 (2)

1≪ 2
5月─ 團十郎さんの急な入院で、驚かせられましたが、快方に向かっておられると伺い、ほっといたして おります。急な代役もございましたが、無事千秋楽まで務めさせていただきました。

「四季三葉草」─ 格式と、はんなりとした色気が出ておりましたでしょうか? 翁を務める歳になって いるのですね…。前髪も似合い、翁も似合う役者でありたいものです。

「紅葉狩り」─ 菊五郎さんとは始めて、と前回書きましたが、一度ご一緒いたしておりました。忘れて いたこと、お詫びします。季節外れの作品とのご意見もございましたが、今回は成田屋縁の作品ということで 選ばれたわけです。華やかな舞踊劇お楽しみいただけましたでしょうか?

代役の「伊勢音頭」─ 息子さんの襲名興行、團十郎さんは無理してでも、出演したかったと思います。 ドクターストップで出演をあきらめ、入院…。辛かったと思います。それだけに重い代役でした。 前回演じてから11年がたっておりましたが、その折、團十郎さんに習ったので遣り方はほとんど変わりません でした。また、昨年「稚魚の会」で指導をしていたことが役にたちましたが、神谷町の兄さん、田之助さん 達に助けていただき、務めることができました。新海老蔵さんも、お父さんの心配と、周りへの気配りで 大変だったと思いますが、何か少し大人になったように感じられた一ト月でした。

夜中に会社から電話をいただき、代役を仰せつかる─。もうそのようなことが無いことを祈っております。 自分自身の健康も注意しなくてはとつくづく思いました。何にしろ、團十郎さんの一日も早い回復を願って やみませんが、頑張り屋さんの彼のこと、無理せず、少しゆっくり養生してほしく思います。まだまだ これからが僕たちの時代なのですから。

「口上」─ 初日は、左團次さんも成田屋一門の一人として硬い真面目な口上でしたが、彼らしくないと クレームが出たとのこと。早々、宗家成田屋團十郎さんに「如何いたしましょうか?」とお伺いをたてた ところ、「面白く、何を仰ってもかまいません。」とのご返事だったとのことで、途中から左團次さん らしい口上となりました。私自身は、お祝いの気持ちと親子共々同級生のお話をさせていただきました。
19日は母校青学の総見でしたので、青学関係者の俳優は同窓会気分の口上となりました。口上出演者の同窓生 は、三津五郎、菊之助、海老蔵、そして私。(團十郎さんも勿論ですがこの日は休演) 父兄は神谷町、 菊五郎、田之助さん(團十郎、三津五郎、私も)となります。他に青学出身者で5月の舞台に出ていた方は、 松助、市蔵、亀蔵、松也さんと結構多かったです。出演者以外にもいらして、父兄あわせると大一座になり ます。母校は勿論のこと、多くの方に祝われての襲名、大きな、大きな役者になってほしく思います。 上手い下手というのではなく、出てきただけで輝いている─、という役者になってほしいです。 素質を十分に持っているので、真っ直ぐに伸びていってほしいものです。

千秋楽になりほっとしたのも束の間で、28日は博多へ出発。この日は梅之の勉強会ですが、見てやれないので、27日に舞台稽古を見に行きました。一生懸命の段階ですが、良い勉強をさせていただきありがたいことです。

そのような訳で、出発前慌しく書きました。では、一ト月博多座へ行ってまいります。


おまけ 〜 奥様からのご報告
降水確率50%でしたが、降られずに無事、お練できたそうです。
初日も無事開きました。襲名は何かと雑用があるのですが、ほっといたしたようでございます。
一日5役。楽まで気を抜かず、体調にも気を付けて務めるとのことでございました。
1≪ 2
TOP / よこがお / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / とぴっくす / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず