ひとりごと 〜 03/12 (2)

1≪ 2
さて1月の松竹座でございますが…、大変なことがおきました。11月に体調を崩された天王寺屋の兄さんが、 寒い季節は大事を取られるとのことで休演が決まりました。そのため配役の変更がございました。なんと! 私が 「人間万事金世中」の勢左衛門を演じることとなりました。11月末に会社からお話がありましたときは、その時点で 柄ではないとお断りいたしたのですが、演目を変えることができないため、衣裳、鬘、演出すべて変えて、新しい 梅玉の勢左衛門を作って良いから演ってほしいと再三のお話で……、引き受けることといたしました。
前回ご覧の方には違った感じに映ると存じますが、私なりの「人間万事金世中」を松竹顧問廣田さんと、演出等 相談しながら作ることといたしました。もちろん、衣裳鬘も兄さんとはちがえて、私のイメージは大事に しながらも、違った勢左衛門を作ってみるつもりでおりますので、まぁ、ご覧いただければと存じます。
それ以外のお役でございますが、同じ夜の部「俄獅子」 前の幕の勢左衛門とは変わって粋ないなせな鳶頭。 お正月らしくめでたく舞わせていただきます。
昼の部「土蜘蛛」は新古演劇十種で、能からの舞踊劇でございます。前回のシテは新松緑さんで今回は播磨屋さん ですが、こちらの演じ方は変わりません。頼光は動きの無いお役でございますが、大将の品格を崩さず心新たに 務める所存でございます。
「里見八犬伝」は初役でございます。ストーリーというより、歌舞伎の立回りの様式美、大仕掛けの大道具を お楽しみいただければと存じます。歌舞伎らしい一幕になればと思っております。
お正月は以上4役でございます。


今年一年、御観劇、そしてホームページをご覧頂き有難うございました。
新しい年が皆様にとって良いお年となりますよう、お祈りいたしております。
1≪ 2

TOP / よこがお / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / とぴっくす / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず