ひとりごと 〜 03/09 (2)

1≪ 2


御園座の舞台の話に移ります。

「佐々木高綱」─ 初演時は新しい感覚といわれた作品ではございますが、現代では新しい感覚の作品とは いえません。その作品を現代に通じる作品に、また岡本綺堂先生の作品の奥にある詩情が溢れる舞台になるよう、 演出の廣田さんと相談しながら稽古を進めております。二代目左団次さんのように骨太さは出せませんが、 私なりの高綱の男の美学を演じたく思っております。
「一条大蔵譚」─ 鬼次郎は何度も務めておりますので、マンネリにならぬよう、初役のつもりで緊張感を持って 務める所存でございます。
去年に引き続き10月の御園座でございます。前半は暑い日もあり、気候の変化の激しい季節、持っていく荷物も 考えてしまいます。いつでしたか、慌ててマフラーを買いに行ったこともありました。寒暖の差に気をつけて 調子を崩さないように一ト月務めるようにいたします。

名古屋では一ヶ月ホテル暮らしです。歩いて通える距離、これは東京のときより便利かもしれません。 食事は外食ばかりになりますが、今回は遅くならないので、食べるところにはあまり困らないと思います。 新しいお店を探す楽しみ、また父の代からのお付き合いのお店に行く楽しみもあります。
お味噌の鳥鍋、東京では食べられないお味で、名古屋にきたら一度は戴きたいお料理ですね。 注意が必要と思いながらも、ついつい好きなものばかりになってしまいます。今年は松茸がよいと聞きますので、 戴くのを楽しみにしております。
美味しい食事も旅の楽しみ、地方公演の楽しみです。とはいえ、これ以上は太らないよう気をつけることと いたします。
みなさまも秋の味覚と芝居見物…、名古屋への旅、ご企画ください。
1≪ 2
TOP / よこがお / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / とぴっくす / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず