ひとりごと 〜 03/07



7月 歌舞伎座の千秋楽が過ぎても、梅雨は明けずにおります。夏はどこにいるのでしょうか?
夏生まれの私、どちらかといえば冬より夏好きですが、8月に二ヶ月分の暑さではまいると思います。 夏らしい、カラっとしたお天気の8月を期待いたしております。

さて7月大歌舞伎、ご見物いただけましたでしょうか? 猿之助さんは本当に芝居が大好きで、毎日の舞台を大切 に、気を抜くことなく務めていらっしゃいます。相手役が後輩でも全力でぶつかってきてくださるので、私自身 は松蔵を気分良く、務めさせていただくことができました。道玄を言い負かすお役ですから、大きく そして加賀 鳶の気位の高さがあり、なおかつ粋な松蔵になっておりましたでしょうか? これからもこのようなお役、勉強さ せていただきたく思っております。
澤瀉屋さんご一門の皆さんに気を使っていただいた一ト月でもありました。本当にありがとうございました。
一幕見でご見物くださった方の書込みが「らくがき」にあったようですが、便利な制度ですよね。役者といたし ましては、一等席が満席なのはもちろん嬉しいのですが、幕見が満席になるのは違った意味でうれしいものです。 今後共よろしくお願いいたします。歌舞伎座以外では、御園座、松竹座にもあるとのことですので、時には 足を伸ばしてみては如何でしょうか。 私も10月は名古屋御園座出演でございます。

さて、夏休み! とはいっても今年の夏は、お休みがあまりとれません。稚魚の会の稽古と踊りの会の稽古で15日 間、月末は9月の稽古が入りますので、纏めてのお休みはありません。そこで気分だけでもリフレッシュするつも りでおりますので、早く梅雨が明けて夏らしいお天気になってほしいものです。(なぜか、"雨男"といわれてお ります)

前半は、稚魚の会・歌舞伎会合同勉強会の「伊勢音頭」の指導をいたします。二組あり、もう一組は團十郎さん のお弟子さんの貢で指導も團十郎さんがなさいます。私が指導する貢は東蔵さんの弟子 東志二郎さん、お紺が芝 翫兄さんの弟子 福弥さんです。父が、私たちの稽古を見ていてイライラし「自分がしている方が楽だよ」と言っ ていたことが思い出されます。でもなんといっても、本人たちが一生懸命ですので、少しでも良くなってほしいと、 こちらも熱が入ります。そして、これが自分自身の勉強にもなっているのです。
松島流の踊りの会では「将門」の光圀を踊らせていただきます。お家元ご自身は藤子先生にご指導を受けたと伺 いました。私も藤子先生に教えを受けておりますので、兄弟弟子の関係となりましょうか。今回の「将門」は花 柳のお名取さんがお相手なので振りが少し変わるかもしれません。少しだけ違うというのは一番緊張いたします。 踊っているうちに、どちらの振りか不安になることがございますので…。

さて、9月の配役も発表されたようですが、初代吉右衛門おじ様50年回忌とのことです。お役については来月の 「ひとりごと」で書かせていただきますが、父 歌右衛門にとって、大切な恩人でもある方ですので、縁の狂言に 出演させていただけること、嬉しく思っております。
長期予報では8月は暑くなるとのことです。皆様もお元気にお過ごしになられ、夏休みのある方も、ない方もリフ レッシュされて、9月からは"芸術の秋"でございます。お芝居にどっぷりと浸かっていただきたくおもっておりま す。

今回も短めで失礼いたします。来月には短い夏休みのご報告、指導奮戦記、9月の芝居と、盛り沢山に予定をして ………当てになさらず……… お待ちください。
TOP / よこがお / ぎゃらりぃ / すけじゅうる / とぴっくす / ふぁん / らくがき
ご意見・ご感想などがございましたら、ご一報ください。
All content copyright baigyoku.com since 2002 無断転載を禁ず